プロジェクター撮影

一歩進んだ作品作りを行いたい方へ

更に作品の完成度を高めたい方や、今までと違った雰囲気の作品を撮影したい方向けにプロジェクターの導入を行いました。

パネル画素数がフルHD解像度(1920×1080px)対応プロジェクターを使用

通常スタジオに置いてあるプロジェクターの場合、パネル画素数の解像度が1280×720px(HD画質)の物が一般的ですが当店のプロジェクターはパネル画素数が1920×1080px(フルHD画質)の解像度を備えております。
その分、より高画質な映写が可能となっております。

[違い]
・HD画質(720p/約92万画素):地デジ画質より少し落ちる画質
・フルHD画質(1080p/約207万画素):ブルーレイ画質

前面照射/背面照射プランあり

プロジェクターを使った撮影の際、問題点はモデルの体にもプロジェクターの映像が投影されてしまう事でした。
当店は、そういった部分を解消する為に背面照射を行いモデルの体に余分な物が写りこまないよう設定も可能です。
もちろん、通常の前面照射での撮影も可能です。

[違い]
・前面照射:プロジェクターの映像が体にも投影されてしまう
・背面照射:後ろから投影する為、被写体にはプロジェクターの映像が投影されない

背面照射の場合は投影面がW270cm×H210cmの特注スクリーンを使用

当店のプロジェクタースクリーンは、背面照射を行う際投影面が横幅270cm×高さ210cmのアスペクト比4:3(約130インチ相当)の大型特注スクリーンを利用しております。

PC不要。USBメモリで対応可能

プロジェクター撮影の場合、PCの持ち込みをする場合も多いかと思いますが当店では素材の入ったUSBメモリをご持参頂くだけで投影可能です。


※必ずUSBメモリをご持参ください。SDカードを挿したUSB変換アダプタなどでは表示されない場合が御座います。
※画像や動画素材のファイル名の先頭が記号やドットの場合表示されない場合が御座います。
※USBメモリのフォーマットはFAT32/NTFS/exFATのいずれかで行った物をご利用下さい。
※念のため、バックアップ用のUSBメモリなどをお持ちになった方が安心です。
※外付けHDDやSDカードは読み込めません。

プロジェクターを使えば廃墟や洋館などとの合成も可能

様々な背景素材をご用意頂ければ、通常の撮影では難しい特殊撮影(水、血糊)やロケーション撮影(洋館、廃墟、日本家屋)もプロジェクターで投影して行う事ができます。

静止画のみでなく動画の投影も可能

プロジェクターに投影する素材は、静止画だけでなく動画ももちろん可能です。

初期設営費込みの金額

プロジェクターを使って撮影する場合は、設営が複雑になって参ります。
当店では、プロジェクターを使った撮影のご予約を頂いた場合は初期設営は当店のスタッフが行います。
その際、プロジェクターの使い方のご説明も併せて行います。

プロジェクター利用オプション料金プラン

初期設営費

映写スクリーン

最大撮影距離

被写体への映り込み

通常撮影

使用プロジェクター

再生素材

USBメモリ

前面照射

1,000円/1時間

背景紙(白)

約7.5m

有り

不可(当日プロジェクター撮影のみ)

フルHDプロジェクター

静止画/動画

対応

背面照射

1,500円/1時間

特注スクリーン

約5.5m

無し

不可(当日プロジェクター撮影のみ)

フルHDプロジェクター

静止画/動画

対応

スクリーン 映写サンプル

下記は、実際にスクリーンに素材を映写した画像で画質補正などは一切しておりません。

サンプル画像
サンプル画像
サンプル画像
サンプル画像
サンプル画像
サンプル画像
サンプル画像
サンプル画像
サンプル画像
サンプル画像
サンプル画像
サンプル画像
サンプル画像
サンプル画像
サンプル画像
サンプル画像
サンプル画像
サンプル画像
サンプル画像
サンプル画像
サンプル画像
サンプル画像
サンプル画像
サンプル画像
サンプル画像
サンプル画像
サンプル画像
サンプル画像
サンプル画像
サンプル画像
サンプル画像
サンプル画像
サンプル画像
サンプル画像
サンプル画像
素材作成時の対応フォーマット&推奨素材解像度
対応USBメモリ
フォーマット形式
FAT32/NTFS/exFAT
再生可能動画
フォーマット
MPEG1/MPEG2/MPEG4/MPEG4-AVC/WMV/AVCHD/Matroska Video
※プロジェクターからの音声出力はいかなる場合でも禁止しております。
再生可能静止画
フォーマット
JPEG/PNG/GIF
※アニメーション PNG/GIF は非対応
推奨素材解像度 ご用意して頂く、画像や動画素材の推奨解像度はアスペクト比4:3の横1920×縦1440pxです。
アスペクト比16:9ももちろん対応しておりますが、その場合横が約270cm×高さが約150cm程度の映写しかできない為ニーショット撮影などを行いたい場合は極力アスペクト比4:3の素材をご準備ください。

[アスペクト比とおおよその表示サイズ]
16:9(横1920×縦1080px)=横270cm×高150cm
4:3(横1920×縦1440px)=横270cm×高200cm
※横幅は最大270cm程度までとなります。

素材制作時のご注意 プロジェクターの性質上投影された素材の上下や左右が切れる場合が多いため、背景として見せたい物は中央寄りに配置してください。
ご注意とお願い ・すべてのUSBメモリに対応しているわけでは御座いません。
・可能ならバックアップ用のUSBメモリなどをご持参ください。
USBメモリのエラーなどで素材が読み込めない場合などがあった場合でも当店では一切責任を負いかねます。
・素材は必ず著作権などに違反していない物をご使用ください。
お客様が撮影時に使用した画像などを巡り著作権問題が発生した場合当店では一切責任を負いかねます。
プロジェクター撮影についてのご注意

・プロジェクター撮影は、技術が必要になって参りますので慣れていない方には撮影法が難しい場合が多いです。
プロジェクターを使っての撮影に慣れた方や、中級~上級者のカメラマンが同行されている方がより上手くプロジェクター撮影をする事ができると思います。

・正面照射でお申し込み頂いてから途中で背面照射に切り替える場合やその逆の場合も機材設置の関係で出来ませんので予めご了承ください。

・床からスクリーン下部の映写部分まで背景素材によりますが5cm~15cm程度空きます。

・スクリーンサイズ的には全身撮影は行えますが、背景素材にもよりますが非常にライティングが難しくなってきます。
最大でニーショット程度での撮影を推奨いたします。

・プロジェクター撮影は設定に時間が掛かりやすい為、余裕をもったスケジュールでの撮影をお勧めいたします。

・プロジェクター撮影を行う場合は背景スクリーン等の機材セッティングの関係で通常の撮影と混ぜて行えませんので予めご了承くださいませ。

・プロジェクターの使い方や簡単な撮影方法などのアドバイスは致しますが、具体的な撮影方法は背景素材や狙っている画によってセッティングが違う為お客様自身で行って頂く必要が御座います。

・前面照射及び背面照射どちらの映写方式も床への映写はできません。背景のみの映写になります。

・プロジェクターからの音声出力はいかなる場合でも禁止しております。

STUDIO ARISE│スタジオアライズ のご予約は下記から受け付けております。

ご予約